HOME > ブログ [住まいるオーニング] > 子どもが教えてくれたワクワクした気持ち
スタッフコラム
2017/09/15

子どもが教えてくれたワクワクした気持ち

ブログ [住まいるオーニング]

ワクワクするような仕事していますか?

朝、家を出た瞬間に吸い込む空気がひんやりとしていて大好きな秋が来た!と嬉しくなります。

私にとって朝は1日をリセット出来る大切な時間でもあります。

子ども達を保育園へ送るのは主人の役目なので、家を出た瞬間が私の一人時間の始まりだからです。

「行ってきまーす!」と手を振ったその瞬間から、保育園にお迎えに行くまでの貴重な一人時間が私にとって毎日の楽しみでもあります。

とはいえ仕事は仕事。遊びに行く訳ではありません。

もちろん嫌だなぁ、今日はしんどいなぁ、なんて日もありますが、なるべく楽しいことを見つけてワクワクした気持ちで挑みたいものです。

子どもってどんなことにも前向きで、好奇心が旺盛で、怖いもの知らずで、楽しいことしか考えてなくて、誰が偉いとかも関係なくて、おもちゃ一つで色んな遊びを生み出して、明日のことなど考えず毎日を全力で生きているんです。

大人になると色んな規則やしがらみがあって、もちろん最低限守るべきマナーはあるとは思うのですが、それを気にしすぎて何も出来ない自分がいるのも事実で…

そんな時、子どもみたいに難しいことは考えずにただただ仕事を楽しむことが出来たらいいのになと思うのです。

そんなワクワク感が仕事のモチベーションをあげ、働くということを楽しいものへと変えてくれる気がします。

tp20170908_img1_news_.jpg

「こんなオーニングがあったらいいのにね」や「オーニングでこんなこと出来たら面白いよね」などといった仲間とのたわいもない会話も、オーニングが大好きだからこその想いであり、オーニングがもっともっと世の中に溢れて欲しいという願いなのです。

将来子どもに「お母さん、仕事楽しそうだね」と言ってもらえるような働き方を目指して、今日も一人時間をワクワク過ごしたいと思います。

関連記事