HOME > オーニングのすすめ > オーニングとは

オーニングとは

オーニングとは「日よけ」「雨覆い」という意味です

オーニング(awning)という言葉はもともと英語です。直訳すると「日よけ」「雨覆い」という意味になります。
ヨーロッパでは古くから、住宅や商業建築などに広く活用され窓やテラスをおしゃれに機能的に彩ってきました。
キャンバスを巻き取りパイプに取りつけ、日差しに応じて出し入れをすることで、日差しを自由に調整することができます。
オーニング
オーニング
オーニング

帽子・日傘と同じ役割を果たします

窓辺やベランダに設置するオーニングは、帽子のひさしや日傘のように、景観をさまたげずに太陽光線の室内への侵入を防ぎます。
赤外線や紫外線、可視光線による室温の上昇、家具の退色、まぶしさなどを防ぐ効果があります。
帽子・日傘と同じ役割を果たします

くつろぎの時間を過ごす住まいの新たな空間

くつろぎの時間を過ごす住まいの新たな空間 オーニングは住宅に新しい空間を創り出すことができます。開放的な庭での食事、友人とのパーティー… そんなふうに、生活にゆとりを持つ時代が、日本にもやってきているといえるのではないでしょうか。
オーニングは、好みの色彩で装い形も選べます。さらに個々にオーニングを動かしたり、一斉に多数のオーニングを動かすことも可能。紫外線や直射日光から守られたコミュニケーションスペースが簡単に創れます。

夏のクーラーの利用を抑え省エネにも貢献

オーニングは直射日光を室内に入れないので、夏のクーラーの利用度を少なくでき、エネルギーを効率的に活用できます。
ブラインドやカーテンと比べて日よけ効果は10倍以上、エアコンの稼働率は約3分の1にまで抑えることができます。

≫詳しくはこちら
夏のクーラーの利用を抑え省エネにも貢献

健康面にも大きなプラス効果

健康面にも大きなプラス効果 日本には古来から打ち水やスダレなど、夏を涼しく過ごす知恵がありました。
オーニングは、いうなれば現代版の「すだれ」。陽光センサーや雨センサーなど感知装置の備わったものであれば、人手を煩わすことなく自然の変化に合わせて調整してくれる「ハイテクのすだれ」でもあるのです。

冷房病予防など健康管理にも一役

エアコンの効いた環境に長時間いることで生じる「夏風邪」や体調不良(「冷房病」)などの予防にも、オーニングは効果的。
日陰を作り涼しい外気を取り込むことで、健康面にもプラス効果があるとして注目を集めています。

≫詳しくはこちら
冷房病予防など健康管理にも一役
テンパルでは、安全で快適なオーニングを提供しています
「当社製品は建物に取り付けてはじめて機能する」ことから、テンパルでは製品の仕様に合わせた確実な取り付けを行う施工技術者の育成が、施工品質向上を図る上でもメーカーの責務と考えています。
各種オーニングをはじめとする当社製品の多くは、協力会社に取り付け工事を担っていただいており、全国のお客様に当社製品を安心安全かつ快適にお使いいただくために、当社では施工品質を高めるべく、施工技術者の能力向上に努めております。
安全で快適なオーニング
イメージ

オーニングのススメ

Contact

BXテンパル株式会社

本社/東京都新宿区高田馬場4-9-12

フリーコール
0800-111-1086

東京

TEL:03-5925-6579 FAX:03-5925-6581

横浜

TEL:045-271-1151 FAX:045-271-1877

大阪

TEL:06-6782-6325 FAX:06-6782-6326

福岡

TEL:092-433-6835 FAX:092-433-6840

営業時間 9:00~18:00 (定休日:土/日/祝日)